BookReview@lifestyle-engine

ビジネス歴25年の骨太ビジネスマン

大前研一「新・資本論」見えない経済大陸へ挑む 

日本の経営コンサルタントの草分け的存在の

大前研一氏の名著とで、ビジネスマンの

必読書だと思います。

 

元々、英語で海外向けに発刊されたものの

日本語訳版です。

 

2000年のITバブル崩壊の時の本ですが、

17年たった今も、色あせる事のない

私のバイブル本となっています。

 

普段、小手先のノウハウ本とかで、ビジネスを

わかった気になっている人にはぜひ、このレベル

の書籍で本質に触れる訓練をした方がよいと

思います。

 

ですので、最初はかなり難解に感じるかもしれません。

 

付箋とかマーカーで印をつけて、何度も読み返した方が

よいタイプの本です。

 

Amazonのレビューが少ないのは、2,000円以上

するのと、読みこなせる人が少ないからでしょうか?

Kindleにも対応していません。

(2017年3月現在)

 

 

本書は、アメリカとイギリスでベストセラー

となった『The Invisible Continent』の邦訳である。

著者は、イギリスのエコノミスト誌で5人の「現代社会のグル」

に選ばれた大前研一

『企業参謀』をはじめ、数々の名著を生みだしてきた著者だが、

その鋭い分析と時代を見抜く目は、本書でも健在である。

 引用元:Amazon

 

参考図書

「企業参謀―戦略的思考とはなにか」(1975年刊)